忍者ブログ
http://blog.shinono.me
[23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Dell R310 + PERC H700 + SATA2.0TB *4にて、RAID10を組んで見たところ。
CentOS 5.8インストール中に"GPTじゃないとディスクパーティション切れないけど、このシステムはGPTから起動できないよ?"と怒られてしまったです><

まぁ、ここまでは自分のミスというか、適当にやっちゃやっぱりダメだなーということで済むので、早速VirtualDiskを2TBで分割して再度インストールを試みたところ。。。

"Assertion ((PedSector) PED_LE64_TO_CPU (gpt->AlternateLBA) <= disk->dev->length - 1) at gpt.c:815 in function gpt_read() failed."

あれ…あれ…!?
何が起こったのかわからず、とりあえず再度インストールを試みるも、またもやNG。Ignoreしても結局インストールできず。
RAIDの設定変えて200GB単発のVDにしてみても変わらず
でも、2.2TB以上だとGPTで怒られる。
エラーメッセージでぐぐってみても、"Thanks, this has been fixed in parted v2.4"って、直ってねーよwww じゃない、CentOS 5.8に入ってるのって1.8.1だよwww

詰んだorz

どうしたものかといろいろ悩んだのですが、見てみたらどうやらディスク認識時にバグを踏んでるっぽい。
ってことは、もしかしてGPTのデータかもしくはそれに準じるものが認識されてしまってるのではないか、と推測。
じゃぁデータ上書きしてやるか、と一回ディスクを外して他のマシンでMBRにしてパーティションを切ってみる。
そして、また戻してRAID設定してみました。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

今まで踏んでたバグはどこへやら、何の問題なく認識しました。
GPTの中途半端なデータでバグるPartedなのか、VD構成でディスクの中身を書き換えないH700なのか、もしかしたらこの組み合わせ特有なのかもしれませんが、メモ程度に残しておきます。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter
NINJA TOOLS


忍者admax
プロフィール
HN:
東雲 翡陽
年齢:
31
HP:
性別:
男性
誕生日:
1985/10/15
人気記事
最新コメント
バーコード
最新トラックバック
ブログ内検索
P R
PR
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 東の空が朱く染まるように All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]